自信を持ってお勧めするお取り寄せの厳選サイト

四季の華 枝豆せんべい

●

試した人 小室・関根(2006.3.24)

枝豆せんべい1
小室
これって、草加煎餅なのね。草加煎餅っていうと、大きな丸いしょうゆせんべいってイメージだったけど。
関根
そうだよね。大きなのりがついてるのとか、ゴマせんとか、最近は七味たっぷりのもあるよね。これはちょっとかわってるよ。珍しい。
小室
小さめの食べやすい大きさだね。
枝豆きなこがまぶしてある煎餅
関根
おせんべいにまぶしてあるきなこ、鮮やかなグリーンだね。
小室
生地には大豆も練りこまれているそうよ。
関根
枝豆のイメージか〜。なるほど。
小室
どんな感じの味かな?
関根
ん?この食感はまさしく草加せんべいだね。ぱりっとした堅さがなつかしいよ。でも、これは軽めで食べやすいね。
試食2
小室
ほのかに大豆の香りがするね。塩気と甘味が自然。
関根
茶うけにもビールのお供にもいいかな。
小室
うん、いいね。枝豆のかわりに!
関根
ちょうどいい大きさのパッケージに入っているので、珍しいもの好きなお友達にあげるのにいいかも。
小室
ほ値段も8本入りが2袋入って\315でしょ?手ごろだよね。
関根
自然の味を楽しめる草加煎餅おいしいね。

草加せんべい 〜豆知識〜

せんべいの起源は千数百年前といわれています。元来、日本では米を蒸したものを「飯」と呼び、これを搗(つ)きつぶしたものをもち(餅)といいました。
餅には生餅と、乾餅(ほしもち)があり、乾餅は別名「堅餅(かたもち)」とも呼ばれて、焼いて食べる保存食とされていました。後世、この中に豆や胡麻をついて入れたり、塩味をつける製法が好まれ、これを焼いたものが後の「塩せんべい」で、草加せんべいの源流となっています。
枝豆せんべい
315円(税込)8枚入り×2袋入